ストキャスティクス(Stochastic)のトリガーライン超えやゴールデンクロス、デッドクロスをアラート&サインで教えてくれるシグナルツールを無料で公開中

ストキャスティクス(Stochastic)のゴールデンクロスやデッドクロスを教えてくれるサインツールは見かけたこともありますし、当サイトでも以前に無料で配布してくれている方のものを紹介したことがあります。

が、設定したレベルライン(トリガーライン)を超えた時にサイン&アラートを鳴らしてくれるツールは見かけないなぁと思ったので作ってみました。

無料で公開していますので、欲しいと思った方はダウンロードしてお使いください。

BLW-Stochastic_Alertの概要・パラメーター(設定値)について

今回のインジケーターをMT4チャートへ表示させた状態。

ストキャスティクス(Stochastic)はサブウインドウに表示されませんので、表示させたい方はMT4に標準で入っているインジケーターをお使いください。

 

ストキャスティクスをMT4チャート上へ表示させる方法

『挿入』⇒『インディケータ』⇒『オシレーター』⇒『Stochastic Oscillator』の順にクリックし、チャート上へ表示させてください。

 

設定画面が表示されるので『OK』をクリックするとチャート上のサブウインドウへストキャスティクスが表示されます。

 

バージョン情報

2021年8月23日:Ver.1.00を無料公開

こちらのインジケーターは無料で配布しています。

配布条件などはないので誰でもダウンロードしてお使いいただけます。

が、たまに無料で配布されているツールを販売している輩もいるので、詐欺被害者を出さないようにするために下記を記載しております。

 

 

全般

こちらは変更の必要がないので、デフォルトのままでOKです。

 

 

 

パラメーターの入力

色々と設定できるようにしています。

説明の必要がないくらい分かりやすく作ったつもりですが、一応説明も入れておきます。

 

 

【ストキャスティクスの設定】

基本的にはMT4に標準装備されているStochasticと同じ設定数値がデフォルトでは入力されています。

上矢印、下矢印共に『上限レベル』『下限レベル』を超えた時にシグナル発生条件が成立していればサインが出現します。

今回は3パターンの中からお好きなものを選択できるようにしています。

 

[レベルライン超え後のクロスでサイン点灯]

上矢印・・・『下限レベル』をStochasticのメイン線、シグナル線の両方が超えた後にゴールデンクロスした時にサインが出現します。

下矢印・・・上矢印の逆で、『上限レベル』をStochasticのメイン線、シグナル線の両方が超えた後にデッドクロスをした時にサインが出現します。

 

[メイン線がレベルライン超えでサイン点灯]

上矢印・・・『下限レベル』をStochasticのメイン線(画像では赤色)が超えたローソク足でサインが出現します。

下矢印・・・上矢印との逆で、『上限レベル』をStochasticのメイン線が超えたローソク足でサインが出現します。

 

[両方の線がレベルライン超えでサイン点灯]

上矢印・・・ストキャスのメイン線とシグナル線の両方が『下限レベル』よりも下になったローソク足でサインが点灯します。

下矢印・・・上矢印の逆で、ストキャスのメイン線とシグナル線の両方が『上限レベル』よりも上になったローソク足でサインが点灯します。

 

 

【サイン関連の設定】

アラートのON/OFF機能やサインの表示、非表示機能を付けています。

上下サインの種類やカラー、サイズなども変更できるようになっているので、お好みに合わせて変更してみてください。

 

こちらはサイン種類のコード一覧表です。

お好きなサインへ変更する場合は下記コードを参考にして入力してください。

 

BLW-Stochastic_Alert体のダウンロード方法

インジケーターはゴゴジャンへ登録しています。

下記よりページへアクセスし、無料ダウンロードをしてください。

BLW-Stochastic_Alertのページはこちらをクリック

 

会員登録がまだの方はお手数ですが、会員登録をお願いいたします。

1分で登録できます。

↓ ↓ ↓


 

合わせて読みたい

 

 

 

 

ストキャス関連のインジケーターは他にも多数公開しています。

よろしければこちらも使ってみてください。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください