いま話題のハイローを超えたブローカー【Bi-Winning】入金額の20%バックボーナスを期間限定で実施中!!!無料口座開設はこちらをクリック!!

RCI(Rank Correlation Index)のダウンロードと導入・使い方について。3本表示させる方法も図解入りで説明

オシレーター系

RCIの正式名称はRank Correlation Indexで、オシレーター系のテクニカル指標です。

頭文字を取ってRCIと呼ばれていますが、MT4チャートにはデフォルトで入っていません

なので、今回は入手方法が分からない人のためにファイルをご用意しました。

RCIインジケーターのダウンロードとMT4へのインストール

まずはこちらからインジケーターファイル(.ex4)をこちらからダウンロードしてください。

GoogleDriveに置いてあるので、『プレビューできません』という画面が出たら『ダウンロード』をクリックしてお好きなところへ保存してください。

 

3本表示させる方法も解説しますが、元ファイルは1つあればいいので、何度もダウンロードする必要はありません。

 

ダウンロードすれば下記のようなアイコンのファイルが保存されていると思います。

 

続いてMT4を起動後、メニューバーにある『ファイル』『データフォルダを開く』をクリックします。

 

MQL4』をダブルクリックで開きます。

 

Indicators』も同じくダブルクリックで開いてください。

 

インディケーター一覧が表示されるので、そのフォルダの中に先ほどダウンロード&保存した『RCI.ex4』をコピーまたはドラッグ&ドロップします。

 

フォルダの中にファイルを確認出来たらフォルダを閉じ、MT4もいったん閉じて再起動してください。

 

RCIの1本目をMT4チャートへ表示させる

メニューバーにある『ナビゲーター』アイコンをクリックします。

 

左側にナビゲーターウィンドウが開くので、『RCI』を表示させたい通貨ペアのチャート上へドラッグ&ドロップします。

 

まずは『全般』タブから、

下限設定にチェックを入れて、数値を『 -1 』にします。

次に上限設定にチェックを入れて、数値を『 1 』にします。

 

次は『パラメーターの入力』です。

rangeN(期間)』『Maxrange』を9にします。

 

色の設定』で、ラインカラーと太さ、スタイルを変えることができます。

 

レベル表示』タブで『追加』をクリックし、『レベル設定』の数値に『 0.8 』と『 -0.8 』を追加して『OK』をクリックしてください。

 

するとサブウインドウに『 RCI期間9(短期) 』が表示されました。

 

RCIの2本目をMT4チャートへ表示させる

1本目と違い、2本目はRCIが表示されているサブウインドウへドラッグ&ドロップします。

 

全般』タブでは1本目と同じく下限設定にチェックを入れて『 -1 』、上限設定にチェックを入れて『 1 』にします。

 

パラメーターの入力』では『rangeN(期間)』『Maxrange』を『 26 』にします。

 

色は何でもいいですが、2本目だと分かりやすいように1本目とは色を変えておいた方が間違わないのでおすすめです。

 

レベル表示』では1本目と同じように、『 0.8 』と『 -0.8 』を追加して『OK』をクリックします。

 

これで2本目『期間26(中期)』のラインも表示されました。

 

RCIの3本目をMT4チャートへ表示させる

2本目同様、インジケーターをサブウインドウへドラッグ&ドロップします。

 

全般』タブでは1本目、2本目と同じく下限設定にチェックを入れて数値は『 -1 』にし、上限設定にチェックを入れて数値は『 1 』にします。

 

パラメーターの入力』では『rangeN』『Maxrange』ともに数値を『 52 』にします。

 

色の設定』では1本目、2本目と違う色にしておきます。

 

レベル表示』は1本目、2本目と同じように『 0.8 』と『 -0.8 』の2つを追加して『OK』をクリック

 

すると、3本目が表示されました。

 

期間は『 短期が9』『中期が26』『長期が52』で、一番多く使われている数値にしてあります。

どうしても設定がうまくいかない人は、設定ファイルを置いておきますので必要であればダウンロードしてお使いください

 

設定ファイル(テンプレート)の使い方

テンプレートのダウンロード

※ご注意※ こちらはRCI用のテンプレートなので、MT4にRCIインジケーターが導入されていることを前提としております。インジケーターが未導入の状態でテンプレートを選んでも何も起きませんので、まだインストールされていない場合はこのページ上部に戻って作業を終わらせてください。

テンプレートのダウンロードはこちら

 

GoogleDriveに置いてあるので、『プレビューできません』という画面が出たら『ダウンロード』をクリックしてお好きなところへ保存してください。

 

 

.ex4ファイルと違い、.tpl は下記のようなアイコンで保存されていると思います。※画面はWindows10

 

テンプレートの導入方法

MT4の上部メニューから『ファイル』⇒『データフォルダを開く』をクリックします。

 

templates』を開きます。

 

フォルダの中に保存した『RCI-3line.tpl』をコピーまたはドラッグ&ドロップします。

 

フォルダの中に『RCI-3line.tpl』が表示されているのを確認し、MT4を再起動してください。

 

テンプレートを読み込んでRCIを3本表示させる

チャート上の何もないところで『右クリック』⇒『定型チャート』⇒『RCI-3line』をクリック

 

しばらくすると、サブウインドウにRCIが3本表示されます。

数値はそれぞれ9.26.52と設定してあるので、そのままお使いいただいて大丈夫です。

短期の9のみラインを太くしてあります。

 

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


業界最高峰のサービスがここにあります

バイナリーオプション初心者にもおすすめ!

・同値負けなし

・高ペイアウト率

・圧倒的なグラフィック

・扱いやすいユーザーインターフェイス

・500円からのエントリーが可能

・土日も仮想通貨の取引ができる

口座開設までたったの1分

使いやすさは文句なし!!

未だ人気のハイロードットコム(旧ハイローオーストラリア)

Bi人気もハイローの使いやすさには脱帽です。

MT4が使えて投資金もプレゼント♪

リアル口座を開設するだけで初期投資資金がもらえるキャンペーンが開催中です。

私も自分で口座を開設し、1円も入金しないで勝った分の出金まで確認できています。

キャンペーン詳細は公式サイトより

口座開設についての説明はこちら

出金方法についての説明はこちら

 

今週の人気コンテンツ

  1. 1

    MT4でローソク足が確定するまでの残り時間を表示させてくれる無料インジケーター(RemainingTime)

  2. 2

    MACDがクロスしたらサイン&アラートで教えてくれる無料サインツール(メール通知機能あり)

  3. 3

    サポレジ線とトレンドラインを自動で引いてくれる無料インジケーター

  4. 4

    ボリンジャーバンド「2σや3σ」にタッチしたらサインが出てアラートを鳴らしてくれる無料インジケーター(BB_Touch_Alert)

  5. 5

    酒田五法の三兵とADXの複合サインツールを無料プレゼント中!!!赤三兵・黒三兵を使った順張り手法で攻略しよう。

殿堂入りコンテンツ

  1. 1

    MT4でローソク足が確定するまでの残り時間を表示させてくれる無料インジケーター(RemainingTime)

  2. 2

    ボリンジャーバンド「2σや3σ」にタッチしたらサインが出てアラートを鳴らしてくれる無料インジケーター(BB_Touch_Alert)

  3. 3

    サポレジ線やゾーンを自動で引いてくれる無料インジケーター(fxr_sr_zones)

  4. 4

    RCI(Rank Correlation Index)のダウンロードと導入・使い方について。3本表示させる方法も図解入りで説明

  5. 5

    MT4でシグナルが出た時にアラートを鳴らす方法 – 無音のサインツールをアラート付きサインツールにしよう)しかも無料で♪

  6. 6

    MT4のチャートに30秒足を表示させる方法

  7. 7

    RCIを3本表示できる、シグナル&アラート機能付きのインジケーターを無料開放中

  8. 8

    MACDがクロスしたらサイン&アラートで教えてくれる無料サインツール(メール通知機能あり)

  9. 9

    サポレジ線を自動で引いてくれる無料インジケーター(Support and Resistance)

  10. 10

    サポレジ線とトレンドラインを自動で引いてくれる無料インジケーター

サイト内検索


あなたにオススメの記事



▼▽▼ブログランキング参加中▼▽▼
良かったらポチっとしてくださいm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

TOP