BigBOSSがついにバイナリー始めました!無料口座開設はこちら!!安心安全の超優良企業です

MT4チャートに日本時間を表示できる無料インジケーター(JPN_Time_Sub)

その他のインジケーター

MT4のチャートに日本時間を表示させるための無料インジケーター『JPN_Time_Sub』です。

ダウンロード方法から導入方法・夏時間や冬時間の設定方法などを図解入りで解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

MT4に表示されているのは日本時間じゃない?

MT4を開いて時間を見てみると今の時間ではないですよね?

それもそのはず、MT4に表示されている時間は、MT4チャートが開発された東欧の現地時間が予めセットされているからなんです。

 

日本では大手の楽天証券でもMT4を使用していますが、こちらも表示時間はGMT+2(夏時間は+3)となり、日本での時刻(日本はGMT+9)ですので、今の時間とは7時間もしくは6時間ズレて表示されています。

 

チャートを見るだけならMT4上に表示されている現在時刻などどうでもいいと思いますが、時間を少し遡ったりして過去検証するにはちょっとややこしいですよね。

そんな時に役に立つのが『JPN_Time_Sub』というインジケーターです。

 

JPN_Time_Subのダウンロード方法

どこかのトレーダーさんが配布してくれていたと思うのですが、私が持っている『JPN_Time_Sub』は著作権の部分が記入されていなかったので、配布元が分かりませんでした。

なので、下記にダウンロード先をリンクしておきますので欲しい方は自由にどうぞ。

クリックして『JPN_Time_Sub』を無料ダウンロード

GoogleDriveに置いてあるので、『プレビューできません』という画面が出たら『ダウンロード』をクリックしてお好きなところへ保存してください。

 

保存すると、下記のようなアイコンが保存されます。

.mq4ファイルなのでカスタマイズしたい人はできますね^^

 

JPN_Time_SubをMT4へインストールする方法

まずはMT4を開き、どこの通過ペアでもいいのでチャートを一つ開きます。

 

次に、『ファイル』⇒『データフォルダを開く』をクリック

 

データフォルダが開くので、『MQL4』⇒『Indicators』の順に開きます。

 

先ほどダウンロードした『JPN_Time_Sub.mq4』を『Indicators』フォルダの中へコピーもしくはドラッグ&ドロップします。

 

フォルダ内に『JPN_Time_Sub.mq4』がコピーされていれば『Indicators』フォルダを閉じて大丈夫です。

 

JPN_Time_SubをMT4のチャート上に表示させる方法

MT4を再起動後、上部にある『ナビゲーター』アイコンをクリックします。

 

JPN_Time_Sub』インジケーターをチャート上へドラッグ&ドロップします。

 

設定画面が表示されるので、ひとまず『OK』をクリックします。

 

MT4時間の上に日本時間が表示されましたね。

使用しているのはGemForexMetaTrader4です。7時間ずれているのが分かりますね。

 

デフォルトでは冬時間(標準時間)が表示されていますので、時期により時間が1時間ずれている場合があります。

ちなみに現在は7月12日の16時過ぎですが、JPN_Time_Subの時刻は17時台になっています。

 

今は夏時間ですので、JPN_Time_Subの時間を冬時間から夏時間へ変更していきましょう。

 

JPN_Time_Subを夏時間や冬時間へ変更する設定方法

チャート上の何もない部分で『右クリック』⇒『表示中のインディケータ』をクリック

 

JPN_Time_Sub』を選択して『編集』をクリック

 

設定画面が表示されるので『パラメーターの入力』タブをクリック

 

色々とありますが、ここでは時間の設定だけを説明します。

下の方に『Time_difference』があるので、『7』の部分をダブルクリックして『6』へ変更します。

変更されれば『OK』をクリックします。

 

17時台だったのが16時台に変わりましたね。

 

これで『冬時間』から『夏時間』へ変更が完了しました。

年に2回、時間の設定が必要になってきますので、気づいたら『Time_difference』の数値を変更するようにしておきましょう。

 

ちなみにですが、サマータイムの切り替えは●月●日というのではなく、下記の日曜日となっていますので覚えておきましょう。

【夏時間】3月第2日曜日~11月第1日曜日(11月第1日曜日に設定が必要)
【冬時間】11月第1日曜日~3月第2日曜日(3月第2日曜日に設定が必要)

 

毎回設定が必要ですが、チャートを見ていて『あれ?時間がズレている!!』と気づいてからでも問題ありませんので、そこまで気にすることもないかと思います。

 

以上がMT4のチャート上へ日本時間を表示させる無料インジケーター(JPN_Time_Sub)のダウンロードから設定方法までの紹介でした。

 

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


バイナリーオプションを始めようと思ったら

当サイトの管理人

バイナリーオプションで生計を立てていこうと日々MT4チャートとにらめっこをしながら、トレードとBOの勉強をしている2児の父。
バイナリーだけで食べていけるようになれるといいですね~。とりあえずは目指せ月収10万円♪

最近では自分でサインツールを作れるようになったので、自作のサインツールを無料で配布しています。オリジナル手法や検証などの役に立ててもらえると嬉しいです。

あなたの手法に合ったツールはありますか?

サイト内検索

MT4・MT5なら土日も動くBigBOSS


MT4・MT5に仮想通貨を表示させたいならもはやBigBOSS一択!土日も動いているのでいつでも好きな時に取引ができます。

バイナリー初心者の人にもおすすめ


・運営元はBigBOSSだから安心
・初回入金ボーナス6,000円
・革新的なバイナリーオプション
・入出金もスピーディー


100円からの少額エントリーが可能
同値判定は返金対応
初回入金ボーナスが170%
プロモコード『 bolife 』の入力で100%⇒170%になります。

ここを一度使ったら止められない


オープン初日から話題のバイナリーオプション業者。1分の短期取引で同値負けがないだけで勝率が大きく上がります。一度使ったらもう他のブローカーは使えません。続々とBi-Winningへ乗り換える人が出現中!!!

使いやすさは文句なし!!


未だ人気のハイロードットコム(旧ハイローオーストラリア)Bi人気もハイローの使いやすさには脱帽です。2022年1月に取引画面が一新されて更に使いやすくなりました。

≪ハイロードットコムの口座開設はこちら≫

今週の人気コンテンツ

  1. 1

    RCI(Rank Correlation Index)のダウンロードと導入・使い方について。3本表示させる方法も図解入りで説明

  2. 2

    MT4でシグナルが出た時にアラートを鳴らす方法 – 無音のサインツールをアラート付きサインツールにしよう)しかも無料で♪

  3. 3

    MT4のチャートに30秒足を表示させる方法

  4. 4

    MT4チャートに日本時間を表示できる無料インジケーター(JPN_Time_Sub)

  5. 5

    【2023年最新版】バイナリーオプションで最もダウンロードされた人気サインツール5選

殿堂入りコンテンツ

  1. 1

    MT4でローソク足が確定するまでの残り時間を表示させてくれる無料インジケーター(RemainingTime)

  2. 2

    ボリンジャーバンド「2σや3σ」にタッチしたらサインが出てアラートを鳴らしてくれる無料インジケーター(BB_Touch_Alert)

  3. 3

    RCI(Rank Correlation Index)のダウンロードと導入・使い方について。3本表示させる方法も図解入りで説明

  4. 4

    MT4でシグナルが出た時にアラートを鳴らす方法 – 無音のサインツールをアラート付きサインツールにしよう)しかも無料で♪

  5. 5

    MT4のチャートに30秒足を表示させる方法

あなたにオススメの記事



▼▽▼ブログランキング参加中▼▽▼

▼▽▼ブログランキング参加中▼▽▼
良かったらポチっとしてくださいm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

TOP
CLOSE