その他のインジケーター

サポレジ線やゾーンを自動で引いてくれる無料インジケーター(fxr_sr_zones)

サポレジ線(レジサポ線)を自動で引いてくれるインジケーターの紹介です。

もちろん無料ですので、欲しい方は自由にダウンロードしてお使いください。

サポレジ線(抵抗線・支持線)を自動で引いてくれるインジ

サポートライン抵抗線)とレジスタンスライン支持線)はFXやバイナリーオプションをする上で重要な要素の一つです。

別記事で紹介している『Support and Resistance』の場合は水平線を引いてくれるだけですが、今回紹介する『fxr_sr_zones』はそのラインの期待値によって太く表示してくれるといった自動描画インジケーターになります。

 

他にも、ラインの種類によってもテキストで『どのような線なのか?』という事も描画してくれるので、人によってはこちらのインジケーターの方が合っているかも分かりませんね。

 

レンジ中の『逆張り』や、ラインを抜けて発生したトレンドについていく『順張り』、FXなどでも決済ポイント損切ポイントとして参考にすることもできるので、あなたの手法に合った方を使ってください。

 

fxr_sr_zonesのダウンロード

インジケーターは無料ですので、配布元へのリンクを貼り付けておきます。

 

配布元は海外のFXブローカー『Fxtrading』です。

英語ですが、配布ページも貼り付けておきます。

 

ダウンロードしたファイルは下記のような zipファイル(圧縮ファイル)です。

そのままでは使えませんので、解凍ソフト圧縮状態から普通のフォルダの状態にしてください。

 

解凍ソフトをお持ちでない方は下記よりダウンロードしてください。

窓の社からダウンロード』というボタンをクリックすればダウンロードが始まります。

 

他の解凍ソフトが良い場合は【解凍ソフト フリー】で検索すればいくらでも無料の解凍ソフトが出てきますので、一度検索してみてください。

 

解答が終われば下記のようにごく普通のフォルダになっていると思います。

 

開くと中には『_MACOSX』という名前のフォルダと『fxr_sr_zones_3.19.ex4』という名前のファイルがあります。

Windowsをお使いの方は『fxr_sr_zones_3.19.ex4』を

Macをお使いの方は『_MACOSX』の中にある『fxr_sr_zones_3.19.ex4』を使います。

 

fxr_sr_zonesをMT4へインストールする

MT4を起動し『ファイル』⇒『データフォルダを開く』をクリック

 

フォルダが開いたら『MQL4』をダブルクリック

 

次は『Indicators』をダブルクリック

 

解答したフォルダの中にある『fxr_sr_zones_3.19.ex4』を『Indicators』へコピーまたはドラッグ&ドロップします。

 

Indicators』の中に『fxr_sr_zones_3.19.ex4』があるのを確認したらMT4を再起動してください。

 

fxr_sr_zonesをMT4のチャート上へ表示させる

MT4を起動したら、上部にある『ナビゲーター』アイコンをクリックします。

 

インディケータ』のにある『fxr_sr_zones_3.19』を表示させたい通貨ペアのチャート上へドラッグ&ドロップします。

 

設定画面がでるのでとりあえず『OK』をクリック

 

これでチャート上にたくさんのサポートラインレジスタンスラインが表示されました。

 

各ラインの右下にそのラインがどのようなラインかという事がテキストで表示されています。

【 Proven 】そのラインが効いているのか検証済みのライン。

【 Weak 】強いラインではなく、弱いラインであるということです。

【 Turncoat 】←あまりよく分かりませんが、効くかも⁉という意味でしょうか。分かる人がいれば教えてください m(_ _)m

【 Verified 】反発が確認されたライン。

【 Untested 】ライン描画後、まだ検証されていないラインです。

ラインによっては右に黄色枠で囲まれたテキストがありますが、これはそのラインを何回検証したのか?という事が書かれてあります。

 

【 Supprt 】はサポートライン(抵抗線)(青い線)

【 Resistance 】はレジスタンスライン(支持線)(赤い線)

ということです。

 

それぞれラインの太さや色は設定で変更することができます。

 

fxr_sr_zonesの設定や使い方

チャート上で右クリックし、『表示中のインディケータ』をクリック

 

fxr_sr_zones_3.19』を選択して『編集』をクリックします。

 

ここではラインの太さや色、テキストの色などを設定できます。

また、必要ないラインを非表示にすることもできますので、weakなどの反発が確認できていないラインを非表示にするなどの使い方もできます。

ポップアップやサウンド、メールなどの設定もできるのも嬉しいですね。

 

Support and Resistance』同様、横軸(足の本数)の設定ができるのも、よりあなたらしい使い方に設定できるのが魅力的です。

ぜひこのインジケーターを使いこなし、強いライントレーダーを目指してください。

 

関連記事

  1. キリ番(ゼロライン)に自動で水平線を引いてくれる無料インジケータ…
  2. MT4チャートに日本時間を表示できる無料インジケーター(JPN_…
  3. AXIORY(アキシオリー)のMT4に日本時間を表示させる方法
  4. サポレジ線を自動で引いてくれる無料インジケーター(Support…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


このサイトの管理人

 

バイナリーオプションで生計を立てていこうと日々MT4チャートとにらめっこをしながら、トレードとBOの勉強をしている2児の父。

 

バイナリーだけで食べていけるようになれるといいですね~。とりあえずは目指せ月収10万円♪

サイト内検索


業界人気No.1のBOブローカー

日本で一番多くの人が利用している、バイナリーオプションのブローカ-人気ナンバーワンのHLMI Ltd(旧ハイローオーストラリア/HighLow)。登録方法などを図解入りで解説しています。

いまイチオシ!投資金がすぐもらえる♪

リアル口座を開設するだけで初期投資資金がもらえるキャンペーンが開催中です。

私も自分で口座を開設し、1円も入金しないで勝った分の出金まで確認できています。

キャンペーン詳細は公式サイトより

口座開設についての説明はこちら

出金方法についての説明はこちら

 

登録で300ポイントもらえます


まだ手法が定まっていませんか?
ここなら色々なロジックを安く購入することができます。

本日のおすすめインジケーター

PAGE TOP