ストキャスティクスとRCIの複合サインツールを無料でプレゼント。

ストキャスティクスとRCIのサインツールをとあるユーザーさんからのご要望で作成しました。

同じような要望をお持ちの方がいるかも分からないので、欲しい人には無料でプレゼントします。

使ってみよっかな~という人は自由にダウンロードしてお使いください。

BLW-Sto-RCI_Alertの概要・パラメーター(設定値)について

今回、こちらで無料配布しているサインツールをMT4チャートへ表示させた状態。

ストキャスティクス、RCIはサブウインドウに表示されませんので、表示させたい方はMT4に入っているテクニカル指標をお使いください。

RCIはMT4に標準搭載されていないので、必要な方はこちらからダウンロードしてください。⇒ RCIをダウンロード

 

 

バージョン情報

2021年6月29日:Ver.1.00を無料公開

こちらのインジケーターは無料で配布しています。

配布条件などはないので誰でもダウンロードしてお使いいただけます。

が、たまに無料で配布されているツールを販売している輩もいるので、詐欺被害者を出さないようにするために下記を記載しております。

 

全般

こちらは変更の必要がないので、デフォルトのままでOKです。

 

パラメーターの入力

色々と設定できるようにしています。

 

【RCIの設定】
期間 RCIの期間を入力できます。
上数値・下数値 トリガーラインとなる数値を入力できます。

上数値】RCI数値がこのラインを下から上に突き抜けると下矢印サイン出現条件となります。

下数値】RCI数値がこのラインを上から下に突き抜けると上矢印サイン出現条件となります。

 

【ストキャスティクスの設定】
ストキャスティクスの使用方法 今回は3種類のサイン出現条件から選べるようにしています。

・メイン線、シグナル線の両方がトリガーラインを超えた時

・トリガーラインを超えてからゴールデンクロス、デッドクロスをした時

・メイン線がトリガーラインを超えた時

下記チャートは上3つがUSD/JPY、下3つがAUD/USDの通貨ペアを表示しています。

ストキャスの条件3つをそれぞれ設定しているので、同一チャートでもサイン出現場所が違ってきます。

 

RCIの条件は同じで、左から『GC・DCクロスを使用』『ライン2本とも』『メイン線のみ』の3パターンです。

お使いの手法に合った条件のものを選択してお使いください。

%K期間 %Kの期間を入力できます。
%D期間 %Dの期間を入力できます。
上数値・下数値 トリガーラインとなる数値を入力できます。

上数値】【下数値

RCIとストキャスティクスが同時あるいは、どちらか一方がサイン出現条件を満たしてから3本以内にもう一方のテクニカル指標がサイン出現条件を満たすととサインが点灯する仕様になっています。

 

【サイン関連の設定】
┣ アラート機能 条件成立時、サインと共にポッポアップが表示されてアラートが鳴ります。アラートを鳴らす場合は【true】鳴らさない場合は【false】を選択してください。
┣ サインを表示する、しない チャート上へ矢印を表示させたい場合は【true】させない場合は【false】を選択してください。
┣ 矢印のサイズ 上下矢印の大きさを設定できます。
┣ 上下矢印のコード デフォルトでは矢印ですが、お好みに合わせて変更が可能です。
┣ 上下矢印の色 サインの色を上下別で変更することができます。
┣ サインを出す最低間隔本数 トリガーライン付近で上下する場合は2本おきにサインが出現したりします。相場の状況により連続サインの出現をさせたくないローソク足の本数を数字で入力できます。
┣ サイン表示位置 ローソク足からどれくらいの位置にサインを出すか設定できます。数字が大きくなればなるほど離れます。
┗ 判定対象本数 サインを出す対象となるローソク足の本数を入力できます。1440(1分足で24時間分)が入力されています。

 

色の設定

こちらは使用しないので何もしなくて構いません。

 

 

BLW-Sto-RCI-Alert本体のダウンロード方法

インジケーターはゴゴジャンへ登録しています。

下記よりページへアクセスし、無料ダウンロードをしてください。

BLW-Sto_RCI_Alertのページはこちらをクリック

 

会員登録がまだの方はお手数ですが、会員登録をお願いいたします。

1分で登録できます。

↓ ↓ ↓

 

 

合わせて読みたい

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください