2つの移動平均線を使ったサインツール。DMA(Displaced Moving Average)としても使えるようにしました。

2本の移動平均線を使ったシグナルツールを無料公開します。

SMAやEMAとしても使えますが、DMA(Displaced Moving Average)としても使えるようカスタマイズしたものになります。

ゴールデンクロス・デッドクロス発生時にサイン&アラートで教えてくれるサインツールになりますので、欲しいと思った方はご自由にお使いください。

移動平均線を2本使ったシグナルツール(DMAでの使用も可能)

こちらが今回のインジケーターをMT4チャート上へ表示させた状態。
2本の移動平均線は色や太さもパラメーターから変更できるようにしています。

 

バージョン情報

2021年11月8日:Ver.1.00を無料公開

こちらのインジケーターは無料で配布しています。

配布条件などはないので誰でもダウンロードしてお使いいただけます。

が、たまに無料で配布されているツールを販売している輩もいるので、詐欺被害者を出さないようにするために下記を記載しております。

 

全般

こちらは変更の必要がないので、デフォルトのままでOKです。

 

パラメーターの入力

色々と設定できるようにしています。

下記で個別に説明を入れているので、初めてお使いになる方はご覧ください。

 

【移動平均線の設定】

[種類]

Simple(SMA)、Exponential(EMA)、Smoothed(SMMA)、Liner weighted(LWMA)の4種類から選択できます。

 

[期間]

2本の移動平均線の期間をそれぞれ設定できます。

[シフト]

2本の移動平均線の表示位置をずらすことができます。短期、中期それぞれ個別に設定できます。

[線の色]

それぞれの色をカラーパレットから選択できます。

[線の太さ]

それぞれの線の太さをプルダウンから選択できます。

[線のスタイル]

それぞれの線のスタイルをプルダウンから選択できます。

【サイン関連の設定】

・ポップアップ&アラートのON/OFFの切り替えができます。

・サインの表示、非表示を切り替えることができます。

解析期間は1分足の場合1440本分(1日分)で入力していますが、確認のためもっと過去のローソク足にもサインを出現させたい場合は数値を変更してください。デフォルトでは大丈夫だと思いますが、お使いのパソコンのスペックによりMT4の動作が重く感じる可能性もあります。万が一、MT4が重くなった場合は数値を小さくして移動平均線とサインの表示を減らしてください。

サインの表示位置(ローソク足からの距離)や大きさ、サインの種類・色を変更することができます。

サインの種類は下記コードからお好みの数値を探して入力してください。

 

BLW-MA2Cross-Alertのダウンロード方法

インジケーターはゴゴジャンへ登録しています。

下記よりページへアクセスし、無料ダウンロードをしてください。

⇒ BLW-MA2Cross-Alertのページはこちらをクリック

 

会員登録がまだの方はお手数ですが、会員登録をお願いいたします。

1分で登録できます。

↓ ↓ ↓

 

合わせて読みたい

インジケーターの導入方法を知りたい方はこちらをご覧ください。

 

移動平均線の関連ツールは他にも多数あります。

お好みのものがあればこちらも一緒にお使いください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください