バイナリーオプション攻略法

3大市場のオープン時間の特徴を把握して勝ちエントリーを増やして負けエントリーを減らす!

バイナリーオプションをやる上で、3大市場など取引が多く行われる時間帯を把握しておくことは勝率アップにもつながります。

1日24時間のうち、どの時間帯がどの市場で活発に取引が行われてるかを知ることも大切ですので、あなたの手法が一番通用しやすい時間帯なども知っておいてください。

為替における3大相場って?

為替相場には24時間のうち、『東京(日本)』『ロンドン(イギリス)』『ニューヨーク(アメリカ)』『ウェリントン(ニュージーランド)』『シドニー(オーストラリア)』などいくつもの為替市場があります。

その中でも『東京(日本)』『ロンドン(イギリス)』『ニューヨーク(アメリカ)』は3大相場と呼ばれており、これらの市場が開いている時間帯は活発に取引される傾向があります。

 

それぞれの時間帯による特徴や相場の傾向もそれぞれ違いますので、それぞれの市場ごとの解説をしていきます。

各市場の特徴などを知ることにより、あなたの取引手法で勝ちやすい時間帯や負けやすい時間帯などを把握することで、バイナリーオプションで稼ぐための役に立つことでしょう。

 

外国為替市場は西から東へ進んでいく

外国為替市場は基本的に土日を除く平日24時間取引が行われています。

24時間のうち、バイナリーオプション業者の取引ができる時間は業者によっても違いますが23時間ほど。

 

業者により『●●の通過ペアは取引が24時まで』などと決まりがあるので、その辺はお使いの業者で調べてください

外国為替市場は東から西へ、ウェリントン~シドニー~東京~シンガポール~ロンドン~ニューヨークというように、朝を迎える順番に各国の市場がオープンしていきます。

 

それぞれの市場による特性等が為替レートなって表れやすいので、あなたが取引を行う時間帯の特徴を知ることが勝利への近道です。

サマータイム導入時には各国市場のオープン時間が1時間早まります。※サマータイムについては後述します。

 

外国為替三大市場

日付変更後、一番早くオープンするウェリントン市場などはまだ参加者も少なく、そこまで活発に取引が行われることが少ないのでボラティリティ(値動き)もあまりありません。その後にオープンするシドニー市場も同様です。

 

9時にオープンを迎える東京市場で動き出す人たちを待っているかのような状態です。

ただ、週末など何かしらマーケットに影響を与えるイベント』『七カ国財務相』『中央銀行総裁会議』などがあった時には一番早く反応しますので、たまに急な値動きが発生する可能性も考えておく必要があります。

 

多くの為替市場がありますが、全ての市場の特性などは覚えておく必要はありません。

まずは下記『三大市場』の特性を理解し、あなたの取引時間がどのような値動きになるのか?ということを覚えておくことをおすすめします。

 

東京市場

東京市場で取引が行われる時間帯です。

アメリカの要人発言のような重要な発表があまりないので比較的落ち着いた相場が続きやすいのが特徴です。

日銀の黒田総裁の発言などで急に価格が動く場合がありますが、アメリカやヨーロッパなどに比べて世界経済に影響を与えるほどの大きな発表がないため、すぐに落ち着きセオリー通りに動きやすい時間帯だと言えるでしょう。

 

レンジになりやすいため逆張りが有効などということを耳にしたことがあるかも分かりませんが、大きなトレンドが出にくいとはいえ徐々にどちらかの方向へ進んでいくこともあります。

また、東京外国為替市場では「買い支え・売り支え」の形になりやすい。という傾向もあります。

 

どちらか一方へ進み続けるというよりは、ある程度進んだら逆の方向への注文が多く入り、元値に戻そうという力が働きやすいです。

午前10時には仲値の発表もあるので、その時間帯を狙ったトレードも有効手法の一つです。

 

ロンドン市場

ロンドン市場だけではなく、パリやフランクフルトといったEU諸国の市場が同時刻に開きます。最後の方には後に述べるニューヨーク市場のオープン時刻と重なる部分があるので、その時間帯は比較的値動きが活発になりやすいです。

東京市場では落ち着いていたのに、ロンドン市場がオープンしたとたんに急にレートが動き出すことも多いので、夕方の時間帯にエントリーする方は少し注意が必要です。

 

ニューヨーク市場

ロンドンの次に取引高が多い市場です。

日本時間の午後10時半(サマータイム時は午後9時半)には経済指標の発表もあるので、世界中のトレーダーが注目している時間帯となります。

この『経済指標』を狙ったエントリー手法もたくさんありますので、仕事が終わり、ご飯を食べてお風呂に入ってから取引を・・・といったサラリーマンが狙うにはおすすめの手法でもあります。

 

ただ、米系ファンドが加わり相場が荒れ模様に。。。ということもあるので、経済指標前後の取引を見送るトレーダーも多くいます。

経済指標を狙うか避けるかはあなた次第です。

 

サマータイムに注意

日本では2020年に向けて導入が検討されている『サマータイム』ですが、日本では聞くだけであまり馴染みはないと思いますが。

既にサマータイムを導入している国も多くありますが、全てが一律という訳ではなく、冬時間と夏時間の入れ替え時期や時間などが違います。

 

それぞれ下記に書いておきますので、トレード時に注意してください。

国名サマータイム導入時期:冬時間に戻る時期

アメリカ3月の第2日曜日:11月の第1日曜日

ヨーロッパ3月の最終日曜日:10月の最終日曜日

オーストラリア10月の第1日曜日:4月第1日曜日

ニュージーランド9月の最終日曜日:4月の第1日曜日

 

夏時間(サマータイム導入時)は1時間早くなりますので、各市場のオープン時間や経済指標の発表時刻に注意が必要です。

『まだしばらくは徐々に上昇していきそうだなぁ~』なんて思いエントリーをしていると、思わぬところで急下落して負けてしまった・・・

『あっ!!サマータイムだった!!!』という風に、本来であれば避けることができたであろう負けエントリーをしてしまうこともあります。

 

ですので、サマータイムの時期と標準時間(冬時間)は把握しておく必要がありますね。

 

三大市場のオープン時間と値動きを把握する

先述したように、市場オープン時の値動きには特徴があります。

取引量が増える『東京市場』『ロンドン市場』『ニューヨーク市場』のオープンからクローズまで、ロンドン市場とニューヨーク市場のオープン時間が重なっている時間帯など、もちろん日により価格の動き方は違いますが、ある程度の特徴を理解しておくと有利です。

 

既にバイナリーオプションを始めていて、さっきまで勝っていたのに急に負けが続きだした。などという事がある場合、もしかしたらあなたの使っている手法に問題がある。のではなく、相場の動きあなたの手法が合っていないだけかも分かりません。

 

心当たりのある方は一度取引履歴を開いてみて、勝てている時間帯と負けている時間帯を調べてみるのもいいかも分かりませんね。

毎日決まった時間で取引をする人は、その時間帯が順張りが良いのか?逆張りがいいのか?という事も検証してみてください。

そうすれば『不要な負けを減らす』かつ『適切な場所でのエントリー』ができるようになると思います。

 

関連記事

  1. バイナリーオプション攻略法
  2. バイナリーオプション口座開設と始め方。準備するものと注意点なども…
  3. 分散投資のすすめ – リスクヘッジで万が一の時に備え…
  4. 酒田五法(さかたごほう)
  5. bitwallet(ビットウォレット)の新規口座開設方法
  6. ダウ理論を初心者にも分かるよう図解入りで解説
  7. このサイト【バイナリーオプション攻略&実践日記】の目的と利用方法…
  8. バイナリーオプションでサインツールはいる?いらない?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA




このサイトの管理人

 

バイナリーオプションで生計を立てていこうと日々MT4チャートとにらめっこをしながら、トレードとBOの勉強をしている2児の父。

 

バイナリーだけで食べていけるようになれるといいですね~。とりあえずは目指せ月収10万円♪

サイト内検索


業界人気No.1のBOブローカー

日本で一番多くの人が利用している、バイナリーオプションのブローカ-人気ナンバーワンのHLMI Ltd(旧ハイローオーストラリア/HighLow)。登録方法などを図解入りで解説しています。

いまイチオシ!投資金がすぐもらえる♪

リアル口座を開設するだけで初期投資資金がもらえるキャンペーンが開催中です。

私も自分で口座を開設し、1円も入金しないで勝った分の出金まで確認できています。

キャンペーン詳細は公式サイトより

口座開設についての説明はこちら

出金方法についての説明はこちら

 

登録で300ポイントもらえます


まだ手法が定まっていませんか?
ここなら色々なロジックを安く購入することができます。

本日のおすすめインジケーター

PAGE TOP