移動平均線がクロスしたらサイン&アラートで教えてくれる無料サインツール(MA_Crossover_Alert)

移動平均線2本がクロスをしたら、メインチャート上にサイン(矢印)を出して教えてくれるインジケーターの紹介です。

こちらは無料のサインツールとなっているので、どなたでもダウンロードして使うことができます。

種別もSMA、EMAなどの設定ができるので、ゴールデンクロスやデッドクロスをエントリー根拠の一つとして使っている人におススメです。

MA_Crossover_Alertを無料でダウンロードする方法

まずはこちらをクリックし、インジケーターをダウンロードしてください。

GoogleDriveに置いてあるので、『プレビューできません』という画面が出たら『ダウンロード』をクリックしてお好きなところへ保存してください。

 

.mq4ファイルなので、自分でカスタマイズすることもできます。

 

ダウンロードできたら、お使いのMT4へ導入してください。

導入方法が分からない方はこちらの記事を参考にしてください。

 

MA_Crossover_Alertの設定について

MA_Crossover_Alertパラメーター設定画面です。

 

設定画面はインジケーター導入時に表示されますが、導入後に編集するにはMT4のチャート上で何もない部分で『右クリック』⇒『表示中のインディケーター』をクリック

表示中のインディケーター一覧が表示されるので、『MA_Crossover_Alert』を選択して『編集』をクリック

 

以下、設定内容とデフォルト値です。

設定項目 パラメーター値
SoundON サイン出現時のアラートON/OFF
デフォルト値:true(有効)
falseにすると、アラート機能がOFFになります。
EmailON メール通知のON/OFF
デフォルト値:false(無効)
trueにすると、メール通知機能がONになります。
FastMA_Mode 短期移動平均線の種類を選択できます。
0=sma、1=ema、 2=smma、 3=lwma、4=lsma
デフォルト値:1(EMA:指数平滑移動平均線)
平均線の算出方法が異なるので、それぞれ価格変動に対する反応の仕方が変わります。
FastMA_Period 短期移動平均線の算出期間を設定できます。
デフォルト値:5
値が小さいほど敏感に、大きいほど緩やかな反応になります。
FastPriceMode 短期移動平均線の適用価格
0=close、1=open、2=high、3=low、4=median、5=typical、6=weighted
デフォルト値:0
適応価格の算出に用いる価格を番号で設定することができます。
SlowMA_Mode 長期移動平均線の種類を選択できます。
0=sma、1=ema、 2=smma、 3=lwma、4=lsma
デフォルト値:1(EMA:指数平滑移動平均線)
SlowMA_Period 長期移動平均線の算出期間を設定できます。
デフォルト値:6
SlowPriceMode 長期移動平均線の適用価格
0=close、1=open、2=high、3=low、4=median、5=typical、6=weighted
デフォルト値:0

 

5分足や15分足などを使ってトレードをしている場合はチャートの前に張り付いておかなくてもよくなりますね。

移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスをエントリー根拠の一つとしてバイナリーオプションをしている人にはとても便利なインジケーターではないでしょうか。

MA_Crossover_AlertはMAのクロスをサインで教えてくれるだけなので、MT4で標準装備されているMovingAverageを2本表示させると視覚的にもみやすくなります。

 

【MA_Crossover_Alertだけを表示させた場合】

 

【MovingAverageも一緒に表示させた場合】

 

それでは!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください